患者によって異なる自傷の種類【うつ病による疾患】

サイトメニュー

自らを傷つける精神疾患

夫婦

自身を追い込む手段と理由

何かのきっかけで自分の体を傷つけてしまう自傷行為は現代の若者を中心に増えている傾向にあります。うつ病から自傷行為に及ぶことが多いため関連が指摘されていて行為に及ぶ人の特徴として真面目で几帳面、責任感が強く若い女性に多いです。自傷行為に至るプロセスとしてまずうつ病で自分自身の全てに対して悲観的に感じている人が何かの失敗などで「やっぱり自分はダメな人間なんだ」などとネガティブな感情を持ち必要以上に自分を責めて自分の存在自体に対する怒りから自分の体を傷つけてしまいます。自分の体を傷つける行為で一番多く行われる体の部位が手首です。良くリストカットと言われていますが手首を切って流れ出る血液を見ることで自分の中に溜まっている絶望感や不安感などを排出し心と体のバランスを保っています。その他行われる自傷行為の種類として自分の体を火傷させる行為で方法としては熱湯をかけたりタバコを押し当てたりします。もっと過激なものは自分の頭を壁などに打ち付けてしまうなどがあります。他にも何種類かありますがいずれの行為も本当はしたくて行っているものではありませんが、こういった行為によって傷が重症化したり打ちどころが悪かったりして取り返しのちかないことになってしまうということがあります。また長い時間自傷行為を繰り返すことで状況悪化のリスクも高くなります。これを未然に防ぐために回りの人間がこういった兆候に早めに気づいてあげることが重要です。そして一番大切なことは行っている本人を責めてはいけないということで優しく接して話を聞いてあげることです。誰しも好き好んで自分の体を傷つける人はいません。それはうつ病で心が病んでいる人も同じです。むしろやってはいけない事と認識さえしているはずなのに色々な種類の自傷行為に至らしめてしまうのはうつ病による疾患によるものです。そこには明確な理由など存在せず自分に対する不満、絶望など自分で自分を追い詰めてしまう心の病によるものが大きいです。行為の種類は人によって異なりますが、自分の体から血を流したり何かに自分の体を打ち付けたりするのは心の苦痛を体の痛みに変えて心の安堵を得ているという部分では共通しています。周りの人間から行為を行った本人対して「人の気を引くためにやったのではないか」と間違った見方で捉えられがちですがそれは大きな間違えで、自傷行為を行っている人の大半は誰にも悟られず一人の状態で行われていることが多いのです。誰にも相談しないで自分でこの苦痛を和らげようとする気持ちの表れなのです。心の奥底では人間不信が渦巻いていると考えられます。また恐ろしいのが自傷行為が心の鎮痛作用となってしまい痛みに耐性ができて行為自体がエスカレートしてしまうことです。信じ難いことですが行為を行っている本人にとっては生きていくためには必要な行為であるとともにうつ病の影響で物事に対する建設的な考え方ができなくなり何度も繰り返してしまうのです。医学的な見解で行為に至った後の血液中には脳内麻薬様物質の値が上がっていると証明されています。これはつまり自傷行為が現実に麻薬的な心の鎮痛作用をもたらしているということなのです。うつ病による自傷行為は精神的にも肉体的にも自らを追い込んでしまう恐ろしい病気です。

愛情不足による結果

悩んでる人

自傷の種類の多くは、容易に満たされる内容が、満たされずに行為に走る場合もよくあります。親の愛情不足は、自傷行為に走らせる可能性を高めます。自傷が生み出す快感は、麻薬に近く、違った幸せを感じる快感を考えなければなりません。

詳しく見る

行為だけとめてもダメ

カウンセリングを受ける中年女性

自傷行為にはリストカットを含め、さまざまな種類の行為があります。その背景には病気が隠れていたり、未熟な精神状態がうかがえます。そのため、未熟さを自覚させる治療というのも必要で、グループ治療やチーム医療を提供できるところが、適しています。

詳しく見る

治療での改善を目指す

聴診器

心の病気では様々な症状が出てきますが、時には自分の体を傷つける自傷行為をする人もあります。その種類は髪を抜く爪を噛むなど目立たない物から体に目立つ傷ができるリストカットなど実に様々です。改善のためには、医療機関での治療も考えていきましょう。

詳しく見る

人気記事

聴診器

治療での改善を目指す

心の病気では様々な症状が出てきますが、時には自分の体を傷つける自傷行為をする人もあります。その種類は髪を抜く爪を噛むなど目立たない物から体に目立つ傷ができるリストカットなど実に様々です。改善のためには、医療機関での治療も考えていきましょう。

Copyright© 2018 患者によって異なる自傷の種類【うつ病による疾患】 All Rights Reserved.