患者によって異なる自傷の種類【うつ病による疾患】

サイトメニュー

愛情不足による結果

悩んでる人

増えている傷つける行為

人の欲求は、段階を踏みながら次の欲求が生じると考えられています。例えば、大きな目標に歩んでいても、食欲や睡眠したい欲に打ち勝つ事ができない人も多いでしょう。自傷行為をする人の多くは、満たされない欲求に苦しむ中、その苦しみを取り除き心を安定化させたい気持ちで行為に及んでしまう場合もあります。段階的に欲求を踏む中には、親の愛情もその一つです。自傷行為の種類には、挙げられる事はありませんが、爪を噛む人の中には、十分に母乳を与えない結果、口に集まるエネルギーが満たされず、成人しても爪を噛むことで心を安定化させていると考えられている場合もあります。本来の欲求が満たされていないため、代理的に行為に及ぶのです。自傷行為の種類は、リストカットや、何度も壁などを殴り自分を傷つける行為が有名ですが、意識的に行う健康を害する様なダイエットや過食などもその1つとして考えられている場合もあります。人の心が苦しむ原因は様々であるため、行為に走る人の特徴も様々ですが、一般の人が容易に満たされている内容が満たされていない場合もほとんどです。意外かもしれませんが、裕福な家庭にも現れやすい特徴があります。裕福な家庭の中には、共働きで子供に意識する機会も少なくなりやすく、愛情不足になりやすい可能性があるためです。兄弟が生まれた場合、両親の意識は、幼き赤ちゃんに高まる場合もあるでしょう。親の愛情が兄弟に奪われたと錯覚する場合もあり、生きている存在として、年上の子供に優しく意識を向けるのも大切です。自傷行為を止めさせるためには、本来満たしたい欲求に気づきが必要です。リストカットなどの種類には、手首を傷つける場合もあるでしょう。直ぐに目に止まりやすく、潜在的に言えば、サインを出している場合もあるのです。夏場においても、長袖を着こむ場合もあり、肌を隠す場合は、確認する意識を持たなければなりません。自傷行為の種類の多くは、痛みによる苦しみではなく、戦闘状態に現れる様な快感が生じていると考えられています。マラソンランナーが走っていると感じる、ランナーズハイと呼ばれる状況と同じです。この状況は、麻薬と同じ様な働きを起こす場合もあり、自傷行為に歯止めがかからなくなってしまう場合もあります。痛みによる快感では無く、幸せを感じられる様な快感について考える必要性があります。苦しみの原因は様々であるため、一概には言い切れませんが、家族揃って旅行に行くのも良いでしょう。旅行には、目的があり、一緒に成り遂げている満足感があります。お互い意識し合いやすく、意識される事で愛情確認しやすい場もあるはずです。旅行の行動は、心的エネルギーも消費されやすく、自傷を行う行動力に歯止めがかかる可能性もあります。自身の苦しみを与えている原因が、閉鎖的な学校内で起きている可能性も考えられます。そのため、学校に対して環境の変化を求めるのも重要です。親の立場として、行動を起こすためには勇気が必要な場合もあります。その不安感よりも、子供が抱いている苦しみの方が大きく、その気持ちを考えた中で、行動に移されるのも良いでしょう。

Copyright© 2018 患者によって異なる自傷の種類【うつ病による疾患】 All Rights Reserved.